萩原譲治 6月度絵画展 ”de Rêve ” (夢のような)

      
>
<


夢のような人生の幕が上がり
     夢のように人生の幕が下りる

強烈な余韻を残し
まるで 花火だ

淡いバラ色は やがて黄金色のそまり
   山すそを 淡々と
    濃いグレーにしずめるけど
    森はいぜんとして、深い緑色に包まれている

黄金色の黄昏は 人生を思わせる
          何故だろう

人は 思う    夢のようだ・・・・・

ごあいさつ


今回の萩原譲治 6月の絵画展のテーマは“夢のような”
去年の絵画展以降すぐに創作に取り掛かり、まさに”夢のような”
作品群として仕上がりました




チーフプロデューサー

               萩原久美子

      
>
<

作品1

      
>
<

作品2

      
>
<

作品3

      
>
<

作品4

      
>
<

作品5

      
>
<

作品6

      
>
<

作品7

      
>
<

作品8

ありがとうございます。

      
>
<